木酢液の話

先日、お客様からいただいた「木酢液」を、
やっと使える日がやってきました。

木酢液って何?…というと
「炭を焼いた時に出た煙を冷やして液化にしたものです。」
と、ネットに書いてました。

使用方法は「菊・バラ・草木類 300~500倍に希釈」と本体に書かれてあります。

こちらの「木酢液」はお客様から頂いた物なのですが
頂く際に「希釈を間違えると枯れちゃうこともあるからね(笑)」と助言していただきました。
なんだか、ビクビクしちゃいますね(笑)
で、初回は500倍に薄めることにいたしました。

で…

500倍ってどうよ…

 

じゃーん。とりあえずジョロを買ってきました。

ファイル 2017-06-04 16 41 00

で、、、
どのくらい入れたらいいのか…

 

「おーい、設計部ぅ~」

ファイル 2017-06-04 16 49 54

計算なら、理系の設計部だろってことです。
が、この設計部、設計以外ではあんまり動きません(笑)
ざっくり言えば「日曜日のお父さん」状態ですね(笑)
仕事はするけど、会社の雑務は手伝ってくれません!!!!!
ファイル 2017-06-04 16 50 10

あ、悪口を言ったら、一人振り向きました(笑)
奥にいる部長中内は微動だにしませんね(←面倒臭いこと聞かれるのわかってます 笑)
で、振り向いてしまった中渡瀬さんに問題です(振り向いちゃったんだもん)

「ある液体Aを500倍に希釈した液体Bを7リットル作る為には、Aをどのくらいの量入れればいいでしょうか?」

待つ事5分。

答えがやってきました。

ファイル 2017-06-04 17 23 12

で14ml の木酢液をジョロに入れたらいいとのこと。
計算式を教えて下さいと言ったところ、このメモを頂けました。
が、全く意味がわかりません。

ま、いいや。ベルの草花が枯れたら、中渡瀬さんのせいです(笑)

さて、

ファイル 2017-06-04 16 41 17

希釈液を造ろうと思ったら…
ファイル 2017-06-04 16 40 37

7Lでなく、8Lですね(笑)
で、14mlからどのくらい増やせばいいですかいな…
中渡瀬背中
あ、はい。自分で考えます。
設計部、忙しそうでした(;´・ω・)

多分、16mlでいんじゃないかな…ということで
(でも、ベルの草花がかれたら中渡瀬さんのせいです…)
ファイル 2017-06-04 16 50 58

ペットボトルのキャップがだいたい5.5ccの液体が入るとGoogle先生が教えてくれましたので
ざっくり3杯入れることにします。
(でも、枯れたら中渡瀬さんのせいです)

さて、ジョロに水を入れることにします。
ファイル 2017-06-04 17 47 01

で、

「どの辺まで水を入れたら8Lになるのでしょうか?」メモリがありません。

ま、ざっくりで行きましょう。
(でも枯れたら、中渡瀬さんのせいです (笑))

ファイル 2017-06-04 16 49 07
とにもかくにも、無事に「木酢液」を撒くことができました!
M様、本当にありがとうございました。
これで、土壌改善、害虫避けにもなり、ベルのお庭は緑豊かになることでしょう!!

ならなかったら…

nakawatase1

↑中渡瀬さんのせいです(笑)

それはさておき、
前回、枯れてしまった寄せ植えの隙間を埋めるべく、新しい仲間をハンズマンで購入してきました。
ファイル 2017-06-04 16 50 24
「キャンディーブーケ」と千紅花火&ホワイトラブ」と言うお花。
聞いたことも、見たこともなかったのですが、可愛かったので連れて帰りました。
お花も新種が続々出てきますね…昭和には無かった花の名前だと思います。

明日には植えてみたいと思います。
先日、カットした紫陽花も、新しい葉っぱが元気に大きくなりつつあります。
木酢液を定期的にあげて、来年は満開になるといいな…と一人ほくそ笑んでいます。

M様、中渡瀬さん、どうもありがとうございました(^^♪

ファイル 2017-06-04 17 57 35

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中