多肉ブーム到来

昨年、荒田にあるお花屋さん「ふたごの木」のオーナー様より頂いた多肉ちゃん。ファイル 2017-06-16 12 48 28

この子が昨年夏にダニにやられまして。
ひん死状態で、かすかに生き残った状態で
放置しておりました
(翻訳:大切に大切に育てておりました)

で、残った子達が背が伸びすぎまして、、ヒョロヒョロになったので
剪定をいたしました。

切った先っぽはまた土に突き刺し(翻訳:植えて)

ファイル 2017-05-23 14 19 20

土は観葉植物用のコロコロした物を使ったのですが、どうも合わないようで
さらに元気がなくなりました……(+_+)
ファイル 2017-05-23 14 17 30

で、切った軸部分をそのまま放置してましたら。大切にしてましたら
↑写真中央、軸の部分から可愛い可愛い赤ちやんの多肉ちゃんがにょっきり出てきました。

ファイル 2017-05-23 14 18 19

こちらは多肉植物用の土にただ突き刺した ちゃんと植えた多肉ちゃん。
こちらは元気モリモリで

ファイル 2017-05-23 14 17 00

植え替えの時にもげた葉っぱからもにょきにょき根っこがでてきました。

愛着がわきますね♥

てなワケで、8月は多肉植物をつかったイベントを計画中。

IMG_2758-thumb-200x300-15064

↑イメージはこんな感じですね。(他のホームページよりお借りしてます)
WELCOMも部分はステンシルで当日ご自分の手でしてもらいたいな。
文字も選べるようにしたいな…と思案中。

まずは、7月に
19190935_1906878269582489_1615635242_n

テラリウム教室の予定です。
(※実際はこちらよりちょっとサイズの小さいものになると思います)

お申込みは近日中に…
お楽しみに!(^^)!

広告

木酢液の話

先日、お客様からいただいた「木酢液」を、
やっと使える日がやってきました。

木酢液って何?…というと
「炭を焼いた時に出た煙を冷やして液化にしたものです。」
と、ネットに書いてました。

使用方法は「菊・バラ・草木類 300~500倍に希釈」と本体に書かれてあります。

こちらの「木酢液」はお客様から頂いた物なのですが
頂く際に「希釈を間違えると枯れちゃうこともあるからね(笑)」と助言していただきました。
なんだか、ビクビクしちゃいますね(笑)
で、初回は500倍に薄めることにいたしました。

で…

500倍ってどうよ…

 

じゃーん。とりあえずジョロを買ってきました。

ファイル 2017-06-04 16 41 00

で、、、
どのくらい入れたらいいのか…

 

「おーい、設計部ぅ~」

ファイル 2017-06-04 16 49 54

計算なら、理系の設計部だろってことです。
が、この設計部、設計以外ではあんまり動きません(笑)
ざっくり言えば「日曜日のお父さん」状態ですね(笑)
仕事はするけど、会社の雑務は手伝ってくれません!!!!!
ファイル 2017-06-04 16 50 10

あ、悪口を言ったら、一人振り向きました(笑)
奥にいる部長中内は微動だにしませんね(←面倒臭いこと聞かれるのわかってます 笑)
で、振り向いてしまった中渡瀬さんに問題です(振り向いちゃったんだもん)

「ある液体Aを500倍に希釈した液体Bを7リットル作る為には、Aをどのくらいの量入れればいいでしょうか?」

待つ事5分。

答えがやってきました。

ファイル 2017-06-04 17 23 12

で14ml の木酢液をジョロに入れたらいいとのこと。
計算式を教えて下さいと言ったところ、このメモを頂けました。
が、全く意味がわかりません。

ま、いいや。ベルの草花が枯れたら、中渡瀬さんのせいです(笑)

さて、

ファイル 2017-06-04 16 41 17

希釈液を造ろうと思ったら…
ファイル 2017-06-04 16 40 37

7Lでなく、8Lですね(笑)
で、14mlからどのくらい増やせばいいですかいな…
中渡瀬背中
あ、はい。自分で考えます。
設計部、忙しそうでした(;´・ω・)

多分、16mlでいんじゃないかな…ということで
(でも、ベルの草花がかれたら中渡瀬さんのせいです…)
ファイル 2017-06-04 16 50 58

ペットボトルのキャップがだいたい5.5ccの液体が入るとGoogle先生が教えてくれましたので
ざっくり3杯入れることにします。
(でも、枯れたら中渡瀬さんのせいです)

さて、ジョロに水を入れることにします。
ファイル 2017-06-04 17 47 01

で、

「どの辺まで水を入れたら8Lになるのでしょうか?」メモリがありません。

ま、ざっくりで行きましょう。
(でも枯れたら、中渡瀬さんのせいです (笑))

ファイル 2017-06-04 16 49 07
とにもかくにも、無事に「木酢液」を撒くことができました!
M様、本当にありがとうございました。
これで、土壌改善、害虫避けにもなり、ベルのお庭は緑豊かになることでしょう!!

ならなかったら…

nakawatase1

↑中渡瀬さんのせいです(笑)

それはさておき、
前回、枯れてしまった寄せ植えの隙間を埋めるべく、新しい仲間をハンズマンで購入してきました。
ファイル 2017-06-04 16 50 24
「キャンディーブーケ」と千紅花火&ホワイトラブ」と言うお花。
聞いたことも、見たこともなかったのですが、可愛かったので連れて帰りました。
お花も新種が続々出てきますね…昭和には無かった花の名前だと思います。

明日には植えてみたいと思います。
先日、カットした紫陽花も、新しい葉っぱが元気に大きくなりつつあります。
木酢液を定期的にあげて、来年は満開になるといいな…と一人ほくそ笑んでいます。

M様、中渡瀬さん、どうもありがとうございました(^^♪

ファイル 2017-06-04 17 57 35

ガーデニング部、その後…

ファイル 2017-05-27 13 44 11

入口の寄せ植えが…なんだか寂しくなりました(笑)
ファイル 2017-04-28 10 32 20

↑こちらが寄せ植えした直後の写真。
最初の写真に比べて…あきらかになんか減ってますね…。

校長先生いわく
岩下さん←リノベエーションの岩下(別名校長先生)

「じょんじょん水をやるもんがおるから根腐れしてしまった‼」
とのこと(笑)
誰かは想像つきますが、

福丸

ここはそっとしておきましょう。
(ガーデニング部、仲間割れか!?)

さてさて、今日はアジサイの剪定を行いました。

ファイル 2017-05-27 13 14 27

綺麗だったブルーのアジサイも終わりを迎えてしまいました。
ネットで検索した所、7月までに剪定を終えた方が来年の花着きが良いとのこと。
ファイル 2017-05-27 13 15 06

はい!キレイに新しい葉っぱを残してチョッキン(`・ω・´)ゞ

切り落とした花の枯れてない部分は

ファイル 2017-05-27 13 15 45ファイル 2017-05-27 13 16 29

打ち合わせ席で皆さんをお出迎え中。
なんかちょっとお花があるだけで、心がほんわりしますね(*^^*)

ドライフラワーにするにはそのまま咲きっぱなしで放置する方がいいようですが
(緑の教室、山本先生談)
翌年の花を愉しむにはぜひ、剪定をしてみて下さい。

ベルハウジングの庭では、今度は白の紫陽花が皆さまをお出迎えいたします。
ファイル 2017-05-27 13 14 50

それから、先日。ガーデニング部にお客様より素敵な差し入れがありました。
ファイル 2017-05-23 14 22 15

どーん!!
木酢液

本当にありがとうございました。

 

ほうほう、裏の説明を読むと300倍~400倍に薄めるといいようです。
……………………

 

 

で、具体的に300倍って……??

次回は、見た目はおばちゃん、頭脳は子供、の迷探偵がこの謎に迫ります。
(M様本当にありがとうございました)

し、しあわせが、、

前回、下田町と中山の完成見学会で来場者プレゼントだったクローバー栽培セット。
見本で育てておりましたが、やっと四つ葉が見つかりました!!

幸せが、やっと!!

と、思った矢先。

休日開けに出社したところ

なんと無残な姿に、、((((;゚Д゚)))))))

しあわせが儚いものだと教訓になりました。

トホホ。

ちょっと素敵なこと

昨日、社用でお花を買いに荒田一丁目のお花屋さんへ。いつもお店の前を通るたびに気にはなっていたお花屋さんでした。

店内には沢山のお花と

窓辺に多肉植物の保育室が(^-^)

何でも、奥様が伸びてきた多肉ちゃんを揷し木にして株を増やしているそうです。おすそ分けを頂きましたので、会社でも増やしてみたいと思います!