パン屋さんのお話し。

5月3日に、ベルハウジングにとっても待ちにまったパン屋さんがOPENいたしました。

お店の名前はN&N。
場所は姶良市蒲生町にあります。

土地の造成から本当に長いお時間を一緒にさせて頂き
世界一(と言っていいくらいの)景色の素晴らしい場所に
ご自宅を建設させていただきました。

住居2Fベランダ1

そしてこの度、ご自宅の一部でパン屋さんを開業されるとご報告を頂き、いざ出陣!
と行きたいところですが、広報が戦線離脱しておりますのでいつもお世話になっているフリーペーパー「リロケーション」さんのお力を借りての撮影です。

DSCF0353

どーん!!!
皆さんお腹が空きませんか?(笑)
DSCF0252

黄金色に輝くツヤツヤのパン達に興奮をも感じます。(笑)

DSCF0292

店内にはイートインスペースもありますので、最高の景色を見ながら焼きたてをお召し上がりいただけます(ただ今オープンしたてで込み合っております。お席がない事も!!)
194

店内が満席の時はデッキに腰かけてもおいしさ倍増な気がしますよね♪

さてさて、我が家にやってきたバケット君がこちら。
くーぷがキレイに開いて、断面はこの通り!!
しっかりと空気の層が広がり涙が出るほどの美しさ(^^♪
ファイル 2017-05-05 11 41 53

外はカリカリ♪
中は、驚くほどもっちり♪
そのままでも美味しいのですが、今朝はガーリックトーストに。
(朝からかーいっ!)

私達がお手伝いできたお家で、こんな素敵なパンが焼きあがっているのかと思うと
本当に嬉しくて、小躍りしたくなります。
なんでも、早朝3時から仕込み初めて、7時の開店。
パン屋さんの朝はなんて早いのでしょう。
オーナー様が皆さんが少しでも特別な空間を味わえるようにと
店内のインテリアや、スタッフのユニホーム、shopcardや看板にも気を配り
どのくらいのパンをどんな種類でどの時間で焼き上げて、価格をどのくらいにと
一生懸命に開店準備をされたお店です。

コンビニやスーパーで買うパンもおいしいのですが、
こうやって手間暇かけて温かい人の手から生まれた食べ物は
さらに美味しくて、美味しくて。

お母さんのご飯が美味しいのも、
きっと出来るまでの苦労や大変さ、そして家族への気持ちが込められているからなんだなと
改めてパンを齧りながら思ったり。
さて、皆さんも商品の裏側にあるストーリーを妄想しながら
ぜひ、大好きな人と食べて欲しい、パン屋さんの焼きたてパンのお話しでした。

DSCF0361

 

広告

年始から掃除の話ですが…

小春日和のようなお正月を終えて、寒さが増した鹿児島ですが、
皆様、風邪をひいてはないでしょうか?

寒さが増すと言えば、この時期にあるあるのお話しを
ユーザーズサポートの津曲から聞いたのでご紹介。

キッチンや洗面の排水ですが、
寒くなると油分が固まり、排水がうまくいかない原因になるそうです。
こまめにお掃除できていると気になることではないのですが、
やはりこれがおススメ!

%e3%81%b1%e3%81%b4%e3%81%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%bc

メーカーはどちらでも大丈夫です。
裏面の使用料をまもって使うだけで十分。

排水の流れが悪いな~と思う前に、定期的にするのが一番ですが
新居に移って一度もされてない、という方は新年を機会にぜひ1本購入を。

夜寝る前か、共働きの方ですとお仕事に行かれる前(ご主人様、子供達が家を出た後)が一番効果的かもしれません。

http://inax.lixil.co.jp/aftersupport/clean/introduction/lavatory/regular/08.html

リクシルさんのサイトにもお手入れの仕方が載ってますので
お時間があるときに参考にされて下さいね!

排水トラップに、ブラシを突っ込んでお掃除したり分解してお掃除するとお時間もかかります。
たまにやりすぎて水漏れの原因になっちゃうケースも聞くので

何事も、こまめにほどほどに(笑)がいいのかもしれませんね。

収納教室のお話し♪

13日に行われます、収納教室。
実は、OB様にベルクルーズでのアンケートを行って一番参加したい教室とのことでした。
かねてから「カルスク」で人気だった山崎先生にお願いし、
今回、久々に教室が実現(^^♪

今回は年末ということもあり、早めの掃除をおススメしたいキッチンを特集しての教室です。

ちょっと、実際にコの字キッチンをご利用されている方の例をイラストでご紹介。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%886
Be-WILLのコの字キッチン。一部にウッドワンの引き出し収納を設置した例

 

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_4
こちらは布で目隠しした例。無印の引き出し収納も使用しておられました。
%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%883
シンクの下はオリジナルのごみ箱を造らせてもらった例

コの字キッチンは収納スペース抜群!自分好みにカスタマイズ!というメリット。
そして、自由すぎてどう収納するか計画していないと引っ越して迷う!というデメリットがあります。

各メーカーさんのシステムキッチンは初めから収納場所が決まっていますので
入る所に入る物をしまっていくと自然とルールができる利点があります。
ただ、それ以外の工夫ができにくい!というデメリットも。

今、プラン中の方はぜひ、どう設計をしてもらうかのヒントに♪
建設中の方は、お引越しを期にどう水回りの道具を見直すかのヒントに♪
実際にお住まいの方は、さらに使いやすくするヒントに♪

ぜひ、収納教室へ足をお運びください!

あ、どのイベントもそうですが、
ベルハウジングで建設をお考えでなくても参加OKですからね♪
暮らしを豊かにしたいお気持ちがある方!
日々のお仕事や家事に気分をリセットされたい方!

私達も一緒に、一歩成長したいと考えてます!
ぜひ、一緒に!一歩だけ暮らしを温かくしましょうね!

マスキングテープでラベリング収納

先日、収納の山﨑先生と「収納教室」のお話しをさせていただきました。
その際に、容器に仕舞うも物を分類して、、
それを必ず、明記しないとダメだとアドバイス頂きました。

なるほど、ベルハウジングの社内でも、
ここに仕舞おうね…と決めててもどうにもうまくいかないことばかり。
1か月もすれば、ごちゃごちゃとしてしまうんです。
これが足りなかったのかも!!

で、先生からのアドバイス
「マスキングテープに書くと、可愛いし、気軽で、張り直しが聞いていいですよ」
とのこと。

と言うことで、
2Fの給湯スペースのみですが、
手始めにスタートしてみました。
整理前を写真に撮れば良かったのですが(笑)
残念ながらお見せできる様態ではなかったので
整理後をご紹介。
さて、いつまで維持できるか、またご報告いたします。(笑)

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-20-13-00-08

透明のプラスティック容器はハンズマンで98円で購入(どのサイズも98円!)
スタッキングできて便利でした(2F給湯スペースは狭いんです)
プライベートでも我が家の調味料、乾物もこの容器に変更してマスキングテープをペタリしようと構想中。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-20-13-00-58
こちらもラベリング。
字が汚いのはご愛敬(笑)

実際に主婦であり、母であり、働く社会人でもある山﨑先生。
誰でもできる手軽なちょっとしたことからアドバイスいただけます。
収納教室、ぜひご参加下さいね♪
(もちろんベルで建設でなくても大丈夫ですよ(^^♪)

写真を↓↓クリックしてください♪

%e5%8f%8e%e7%b4%8d%e6%95%99%e5%ae%a4

ウッドデッキを作ろう♪

ベルハウジングでお家を建てるお客様は、ご自分で庭木を植えられたり
芝生を植えられたり、DIYで棚を作られたりと、

嬉しいことに、ご自分達でお家に彩りを加えられるお客様がとても多いんです。

さらに嬉しいのは

「ウッドデッキは俺が作る!」

と、職人さん顔負けの根性と腕前で張り切るパパさん達の存在。

でも実際は、ただでさえ遅くまでお仕事をされている世の中のお父さん達。
天候に左右されながら、お休みの日を潰して作業をするのは
本当に本当に、大変です。

そんな中、立派なウッドデッキを最近完成させていただいたご家族をご紹介します。

鹿児島市内のkeiさんのお宅。

 

土間の上に土台ができつつあります。
もちろん、土間は職人さんが仕上げております(*’ω’*)

お写真を見ると遅くまで作業をされているのが分かります。
何やら、本格的な道具も手に入れられているようです。
土台が並んだ姿は、もはや芸術作品のようですね!!

ここまでくると、なんだか熱いものがこみ上げてきそうです!!
見て下さい!!階段までついております。
「本職の方ですか?」と訪ねてしまいそうなこの出来栄え!!

ウチの建築部スタッフも
「お~っ!」思わず感嘆の声が漏れてしまいました。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-17-10-58-48

そして、完成です!!
フェンスまでついております。

なんだか、作ってない私達スタッフも感動してしまうこの写真。
こうやって、少しづつ、お家が「MY HOME」になっていく姿は
本当に素敵です。
そして、本当にありがたく思うばかり。

Kei様ご家族、お写真をありがとうございました。
そして、素敵に暮らしていただいて、
感謝でいっぱいです!!